葬儀の手順がわからない?とても簡単な方法を一緒に考えましょう。

葬儀 最安 葬式

明日あなたの身内が亡くなってしまうとして、あなたは準備ができていますか?

準備が出来ていないのなら、この記事はあなたにとって必要な記事になるでしょう。大切なことは葬儀をするのか?それともしないのか?それだけです。それを決定できれば、後はスムーズに進めることが可能です。葬儀社に遺体の搬送を依頼して病院に来てもらってください。それだけできれば明後日にはおそらくすべての工程が終わっているはずです。(都心部の場合は除く)

あなたは葬儀を行いますか?

葬儀を行う=葬儀社に連絡して病院まで遺体の引き取りに来てもらいます。

葬儀を行わない=葬儀社に直葬希望であることを連絡して病院まで遺体の引き取りに来てもらいます。

葬儀を行う、行わないに関わらずどの程度葬儀社に介入してもらいますか?

葬儀一切を葬儀社に担当してもらいたい=高額費用を請求されますが、あなたは殆どなにもする必要はありません。

必要最低限のことだけ葬儀社にやってもらいたい=あなたが病院でもらった死亡診断書を市役所市民課へ提出して、その場で火葬日時の予約をとってしまえば葬儀費用は格安に抑えることが可能です。

必要最低限のことだけ葬儀社にやってもらいたい場合は直葬一択になります。

葬儀費用を最安値で行う究極の方法をお教えします。

一般的な規模の葬儀を御希望ですか?それとも家族葬?

一般葬=葬儀社の通夜室を使うか、市営の通夜室を使うかを決めてください。

家族葬=葬儀社の通夜室を使うか、市営の通夜室を使うかを決めてください。

直葬儀=葬儀社の通夜室を使うか、市営の通夜室を使うか、霊安室(遺体安置のみ)を使うか決めてください。

どこで葬儀を行いますか?

葬儀社の会館=葬儀に掛かる費用は比較的割高になります。

市営の葬儀場=葬儀に掛かる費用は比較的割安になります。

檀家中のお寺=葬儀に掛かる費用はとても割安になります。

故人様の自宅=葬儀に掛かる費用も安くはありませんし、負担も大きいです。

参列者はどの程度を予想していますか?

参列者多=葬儀社の会館か市営の会館を利用してください。

参列者少=葬儀社の通夜室か、市営の通夜室、あるいはお寺を利用してください。

遺体葬を御希望ですか?それとも骨葬(こつそう)を御希望ですか?

遺体葬=葬儀社の会館か通夜室・市営の会館か通夜室で葬儀を行う必要がある。

お骨葬=当日でも、後日でも都合のよい日時にお寺で葬儀をあげることが可能。

参列者が少ない、あるいは身内のみの葬儀ならば骨葬をお寺であげてみてはいかがでしょうか?

葬儀社を使わずに、お寺で家族のみの葬儀をしてみませんか?

葬儀に掛かる予算はどの程度をお考えですか?

高額希望=葬儀社と返礼品(1000円)や精進堕としの料理(5000円)を決定します。

少額希望=葬儀社と返礼品(500円)や精進堕としの料理(1500円)を決定します。

お疲れ様です。あなたは一般葬儀か家族葬か骨葬か、あるいは葬儀なしのどれを希望したいか決まりましたか?

予算を抑えたいなら一般葬儀は選択肢から外す必要があります。そして、家族葬の場合であってもお寺で葬儀を行わないのであれば選択肢から外す必要があります。結論として本気で葬儀の予算を抑えたいのなら、近親者のみで骨葬をお寺で行うことです。あるいは、葬儀自体を行わない直葬です。それ以外の選択肢では、残念ながら予算は高くなることを理解してください。これは葬儀社が葬儀に介入することと、参列者が一定数見込まれる場合は司会進行費用と返礼品と精進堕としの料理費用が結構掛かる為です。よほど参列者が多くない限りは、一般葬では赤字となります。最近では近親者のみの葬儀や密葬も増えてきていますので、筆者としては近親者のみでお寺で骨葬を行うことを強くお勧めしています。できれば、その方法で葬儀をあげたいことを故人様の生前に葬儀社と相談しておくのがよろしいでしょう。それができればいざというとき慌てずに済みますし、数社から見積もりを取ることで最安値で契約できる葬儀社を見つけることも可能となります。

ここまで決めることが出来れば、あとは当日を待つだけです。

基本的な葬儀の手順は上記にリンクした記事を読んでいただければわかると思います。大切なことは、見栄を張らずにあなたは等身大でどの程度の葬儀をあげるべきか?またはあげないべきか?を決めることです。筆者がおすすめするのは骨葬によるお寺での葬儀です。これはお寺さんにも遺族さんにとっても最もよい方法だと思います。病院から市営の通夜室へ遺体を運んでもらい、書類上の手続きのみを葬儀社に依頼すれば後は葬儀社に介入しないでもらえます。そうなれば葬儀に掛かる費用は必要なくなり、葬儀の日程や方法はお寺さんと相談して決めればいいのです。葬儀社に支払う費用を少しお寺さんへのお布施に回せば良いし、近親者のみならば返礼品も精進堕としの料理も必要ありません。葬儀が終わって、お骨をお墓に納めた後で一緒に食事会でも開けばそれでいいのです。葬儀から納骨までの時間は90分程度で済んでしまいます。近親者のみなので堅苦しい挨拶や、堅苦しい葬儀の司会などありませんから気楽なものです。もし、あなたが檀家になっておらずに葬儀も必要ないのなら直葬一択ですべてが完了してしまいます。この方法は上記のリンクに詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

最後に、形式だけの葬儀に拘る必要はありません。大切なのはあなたが納得することです。お金を掛ける必要は決してありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です