御存じですか?ペットの火葬は火葬場ではできません。

ペット火葬 ペット葬儀 亡骸

火葬場は人間の御遺体を火葬するためだけに使用されます。ペットはゴミ焼却施設か保健所の火葬施設で焼却されます。

火葬場でペットの火葬は絶対にできません。絶対と言いましても、人間と同じ炉で火葬することができないだけであって、ペット専用の火葬炉を設けている火葬場はペットの火葬にも対応できます。しかし、ペット専用の火葬炉を設けている自治体は多くはないので、ペットか亡くなった際はまずお住いの役所に連絡して指示を仰いでください。通常は役所の生活環境課が有料(1000円~2000円程度)でペットの亡骸を引き取ってくれます。その際は必ずビニール袋に入れたうえでダンボールに納めて職員が持ち運びやすいように工夫してください。大阪府高槻市は市民の方が持ち込まれるペットの亡骸の焼却費用として通常焼却炉使用ならば500円。ペット専用火葬炉使用(返骨なし)ならば2000円の価格を設定しています。なお骨の返骨を希望する場合は10000円となっています。『??』ということは高槻市にはペット専用の火葬施設があるということですよね?その施設の使用料金が最低でも2000円から、返骨希望なら10000円とは聊か価格差があり過ぎますね。骨上げではなく、返骨と明記してあることからも恐らく飼い主さんが直接遺骨を拾うスタイルではないのでしょう。ならば3000円くらいでもいいはずですが、10000円に設定してあるということは事実上、作業員が骨を拾う手間をめんどくさがっていると考えられます。筆者の経験上、役所が設定している価格は結構いい加減なものが多いので、この価格設定だって恐らく現場作業員の声が色濃く反映されたものなのでしょう。例えば、この場合、もしも返骨価格が3000円だったら皆さん返骨を希望しますよね?しかし、それだと返骨希望者が続出して業務に支障が出てしまうので、あえて高価格設定にしたものだと考えられます。なお、通常の焼却炉とはゴミを燃やす炉と同じです。保健所ではなく自治体の生活環境課が引き取ったペットの亡骸はほぼ例外なくゴミ焼却施設へ運ばれるとお考え下さい

保健所では亡くなったペットの合同火葬をどこで行っているの?

ネットの情報をみる限りでは保健所でペットの亡骸を引き取り、保健所が管理する小動物火葬施設で合同火葬を行っているとのことです。しかし、多くの自治体は保健所でペットの亡骸を引き取ることは行っていないと思います。実際、筆者が済んでいる地域の保健所では亡骸の引き取りはおろか、犬猫の殺処分も行っていません。県内の保健所のHPを探しても犬猫の火葬の件は見当たらないんですよね。やっていないのか?それとも知らせたくないのか?そんなものですから、すべての保健所が犬猫の殺処分や火葬を行っていると安易に考えない方がいいでしょう。実際、市のHPにも有料で引き取ります(ごみ焼却施設へ持っていきます)とまでしか明記されていないんですよね。そう考えると…保健所ってなんとなく意味はわかるけど実際はよくわからない施設ですよね。いずれにしても保健所にペットの火葬を依頼したとしても骨は返却されません。自治体の生活環境課へ引き渡せばゴミ焼却施設へ持ち込まれることになるので抵抗はあるかと思いますが、例え保健所へ持って行ったとしても骨が帰ってこないのであれば同じことです。絶対に骨を持ち帰りたい!葬儀もしたいし、お墓も作ってあげたいという方は民間のペット専門の葬儀社を利用なさることを強くおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です