葬儀費用を最安値で行う究極の方法をお教えします。

火葬費用 最安 家族葬

最安値で葬儀を行うには直葬(ちょくそう)しかありません。

直葬(ちょくそう)とはお通夜もご葬儀も行わずに、身内だけでお見送りを済ませて火葬をする方法です。様々な理由から直葬を希望される方が近頃とても増えている方法です。ここでは、そんな直葬方式の火葬でも最も費用を安く抑えられる方法をご紹介します。それは、すべての手続きをあなたが行う方式の直葬です。この方法であれば、葬儀費用はタイトル価格よりも更に抑えられて5万円以内のお見送りが可能となります。(以下:病院で亡くなられた場合を前提とします)

  1. 中小規模の葬儀社で棺(35000円)骨壺(5000円)を購入する。
  2. 病院で死亡診断書と御遺体を受け取る。(棺が乗せれる車を手配する)
  3. 市役所市民課に死亡診断書を提出して、火葬日時の予約をする。
  4. 遺体は自宅で保管しておき、火葬予約日時に火葬場へ持っていく。

上記が最も費用を抑えられる方法です。棺代金や骨壺代金は葬儀社によって若干の差異が生じるので、表示しているのはあくまでも目安の価格ですが、おおむねこれくらいの価格です。注意する点は棺を乗せる自家用車を所有していない場合です。その場合は別途レンタルしてもらう必要があるので合計費用は5万円を超えてしまいますし、棺を運搬するともなると車を貸してくれない場合も考えられます。そのようなこともあるので、筆者としては棺の運搬のみは葬儀社に頼むことをお勧めします。

棺の運搬を葬儀社に頼んだとしても、合計費用は8万円以内に抑えられる。

火葬には最低限、棺と骨壺が必要になります。これはネットでも購入可能ですが、自宅に棺を置いておくこともそうそう出来ませんので、死亡後に葬儀社で購入することをお勧めします。つまり、どのみち葬儀社にはいちど足を運ぶことになります。その際に、直葬を希望していることと、棺の運搬のみ(病院から自宅、あるいは病院から市営の通夜室・霊安室)葬儀社に依頼したい旨を伝えてください。まず断られることはありませんのでご安心ください。この方法ですと運搬費用として約30000円程度必要となりますが、レンタカーを借りる手間と費用を考えれば別段高額とも考えられませんし、自宅・通夜室へ棺を運ぶのも手伝って貰えますので絶対にオススメします。(ひとりで棺を運ぶことは不可能です。)この方法でも合計費用は7万円程度に抑えられます。(※市営の通夜室に運ぶ場合は別途使用料(約20000円程度)が掛かります。その場合の合計金額は9万円程度となります。)

葬儀社に依頼して直葬を行ってもらう。

これまでの方法では必要な手続きをあなたが行う方法をご紹介してきました。ここでは必要な手続きをすべて葬儀社へ依頼した直葬の場合、合計費用はどの程度必要かをご紹介します。筆者の経験上、葬儀社に直葬を依頼した場合の合計費用は16万円前後です。これには市営の通夜室使用料金も含まれています。市営の通夜室は火葬場に併設されていますので、極力そちらの使用をお勧めします。遺体を自宅保管される場合ですと、病院→自宅→火葬場へとその都度搬送しなければならないのに対し、市営の通夜室を利用すれば、病院→通夜室・火葬場と搬送が一回で済みます。その分、手間も費用も抑えることが可能です。(通夜室から火葬場へは火葬場職員が移動させてくれます。)葬儀社を使うと人件費が発生してしまいますが、すべてお任せできるので非常に楽です。費用が16万円程度に抑えられることも魅力です。

故人が国民健康保険に加入していれば、役所から葬儀費用給付金を受けとることが可能になる。

ただし、これは葬儀を行った場合に支払われる給付金なので、葬儀を行わない直葬では受け取ることはできません。また葬儀費用給付金は5万円から7万円程度となっている為、市営の通夜室で葬儀を行った場合でも費用はそれ以上掛かる為、極力安くお見送りを完了させたい方にはお勧めできません。しかし、故人様が檀家さんの場合は話が別です。通常、檀家さんであればお寺へお骨を埋葬しますよね。お寺さんとしてはお葬式を上げていないのに、いきなり遺骨を持ってこられても困るのが現実です。ですので、遺骨をお寺へ納めるつもりであるのならやはり葬儀を行うのが良いと思います。その場合費用は最低でも30万円近くは掛かってしまいます。また、給付金の申請は市役所保険年金課で行えますので、葬儀を希望される場合は火葬予約を取るついでに申請してもいいですし、申請期間は死亡後2年以内ですので、特に焦る必要はありません。

無宗教で遺骨の処分に困るようでしたら、ひとかけらだけ持って帰って散骨するという方法がおすすめ。

直葬の場合は葬儀を行わない場合が殆どだと思います。あなたが個人的に管理しているお墓があったり、どこか霊園と契約していたり、キリスト教徒や創価学会信者でもないかぎり遺骨をどうしていいか困ってしまうのではないでしょうか?そんなときは散骨がおすすめです。散骨といっても散骨業者を雇って海洋葬や樹木葬をする必要はありません。ひとかけら程度の骨ならば細かく砕いてしまえばどこへ撒こうと法律的にはグレーなので個人的に思い出の場所に撒くことも可能です。方法としては葬儀社か、火葬場職員に持って帰る骨はひとかけらだけでいい旨を伝えてください。全く持って帰らないことは不可能ですから、『指先ひとかけら』だけを持って帰りたいと申し出てくれさえすれば、残りの骨は火葬場で処分致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です