葬儀社を使わずに、お寺で家族のみの葬儀をしてみませんか?

お寺 骨葬 葬儀

昔はどこの家だって、お寺で葬儀をしていました。

自前の会館を持つ葬儀社が地域に参入してから、葬儀の形態はがらりと変わってしまいました。地域によって違いはあるかと思いますが、筆者が暮らす地域ではむかしは骨葬が主流でした。骨葬とは亡くなった翌日に自宅で通夜を行い、その翌日には近親者のみで火葬場に出向いて、お骨を拾った後に、お寺で葬儀を行ってもらうという方法です。いまではすっかり遺体葬が主流になってしまいました。通夜室と会館を持つ葬儀社が参入してきて、そこが遺体葬を始めたのが原因です。(かつては、お寺で葬儀を行うと葬儀社が祭壇を持ち込んで設置していました。その設置料金だけで50万円とかぼったくっていたので骨葬が高いという悪い印象が定着していたのも一因です。)確かに、通夜室と会館を持つ葬儀社からすれば遺体葬の方が都合がいいのです。通夜室で一泊させて翌朝には葬儀、そのまま火葬場で火葬を済ませれば現地解散となります。骨葬の場合ですと手数が増えます。通夜室で一泊、火葬場へ移動、火葬場から会館へ移動、会館で葬儀をしてから解散。時間的にもロスが多いので遺族さんも、単純な遺体葬の方がいいとは思いますが、家族葬の場合だと骨葬の方を断然お勧めします

お寺で葬儀をあげる場合は骨葬が基本です。

家族葬といえど参列者が20人にもなるのならば葬儀社を利用した方がいいです。葬儀の段取りもありますし、司会進行してもらわなければ葬儀が進みません。しかし、参列者が10人以下ですべて身内の場合は話が別です。その場合は葬儀をあげるにしても、司会進行など必要なくなるでしょう。葬儀を葬儀社に頼まない分、人件費が掛からなくなり断然お得に葬儀をあげることが可能になるわけです。そこで筆者はお寺で骨葬を行うことをお勧めします。骨葬のメリットはいろいろあります。まず既に遺体がお骨になっているので、遺族さんの都合のよい時に葬儀を上げることが可能になります。また、葬儀社を通さないで和尚さんと遺族さんだけでお葬式を行うので気遣い不要です。とてもアットホームなお葬式となります。そしてお寺の敷地内にお墓がある場合は、お葬式が済んだらすぐにお墓へ納骨することが可能です。また、和尚さんも遠方の式場まで出向かなくて済むので負担は軽いはずです。そう考えると、あまりデメリットは見つかりませんね。家族葬をお考えの方は、お寺での骨葬も検討してみてはいかがでしょうか?

お寺で葬儀を行うということ。

葬儀社がお寺に自前の祭壇を持ち込むから、お寺で葬儀をあげると費用が掛かるという悪い印象が定着してしまったのです。そもそもお寺に祭壇など設置する必要などないのです。なぜなら、すでにお寺には立派な祭壇があるんですから。なんで、さらに祭壇を設置する必要があるんでしょうか?答えは簡単です。むかしの葬儀社はぼったくりが横行していたからです。よって、お寺で葬儀を行う場合は費用は掛かりません。0円です。和尚さんにお布施として8万円くらい渡せばそれでいいのです。(戒名代は別途必要)

葬儀社を通さないで、お寺で葬儀を上げる方法。

  1. 葬儀社に連絡して、病院から市営の通夜室へ遺体を搬送してもらう。
  2. 打ち合わせ時に、葬儀は後日、近親者のみでお寺で行う旨を伝えてください。
  3. 市営の通夜室で通夜を行います。そのとき、和尚さんにお寺で骨葬をしてほしい旨を相談します。参列者は家族のみ、葬儀社も使わないのでお寺で拝むだけでいい、拝み終わったらそのままお墓に納骨してほしいとの要望を伝えてください。火葬当日にお寺で拝んで貰える場合もありますし、和尚さんの都合によって少し伸びるかもしれませんが、骨葬ですと遺体は骨になっているので、遺体のように保管に気を使わなくて済みます。和尚さんに拝んで貰う日時が決まったら、お墓を扱っている石材店にも連絡しておいてください。49日後に納骨される場合は後で構いませんが、拝み終わった後にすぐ納骨される場合はお墓を開けてもらう必要があるので、石材屋さんを呼ぶ必要があるのです。
  4. 通夜の翌日には、家族のみでお骨を拾い、後は和尚さんと打ち合わせした日時にお寺へ出向くだけです。

形式に囚われなくて済むのが家族葬の最大の利点です。参列者が身内だけですから司会進行役を務める葬儀社は必要ないのです。よって、和尚さんと相談すればすべて円満に解決する話です。家族のみでお寺で骨葬を行うこともぜひ選択肢の一つとしてお考えください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です